カワラヒワを庭に呼んでみよう!

カワラヒワはヒマワリが大好きです。庭に時期を少しずらしてヒマワリを栽培して種をつけさせらばカワラヒワが来ます。7月中旬から8月下旬頃まで、訪問してくれます。
バードフィーダにヒマワリの種をおいてもスズメ、キジバトが食べてしまってカワラヒワは食べられないようです。

カワラヒワが食べたヒマワリの様子(2017.7.11)

ヒマワリの種をカワラヒワが食べた様子です、ヒマワリの周りから内側に食べていきます。

ヒマワリの種をカワラヒワが食べた様子

カワラヒワがヒマワリの種を食べている様子(2017.07.19)

カワラヒワがヒマワリの種を食べている様子です。嘴が太くて、羽が黄色で特徴のある小鳥です。この頃からしばらくカワラヒワが庭に訪問します。

カワラヒワがヒマワリの種を食べている様子カワラヒワがヒマワリの種を食べている様子カワラヒワがヒマワリの種を食べている様子カワラヒワがヒマワリの種を食べている様子

 

カワラヒワの訪問(2017.08.05)

ヒマワリも枯れ始めてヒマワリの種が下を向いています。この場所の訪問はそろそろ終わりになります。

カワラヒワがヒマワリの種を食べている様子カワラヒワがヒマワリの種を食べている様子カワラヒワがヒマワリの種を食べている様子

カワラヒワは大輪ヒマワリへ移動(2017.08.12-13)

小粒ヒマワリが枯れて種もほぼ終わったので大輪ヒマワリへ餌場を移動したようです。

カワラヒワ

この場所は近くにバードフィーダがあってスズメ、キジバトが来ます。カワラヒワはバードフィーダに餌があるときはあまり来ません。スズメがいるからかもしれないですがわかりません。

この写真は3羽のカワラヒワがいます。私が見ているのを気づいて2羽が飛び立って1羽はそのままいて「あれ!」といった感じなので幼鳥だと思います。

カワラヒワ

この写真は口にくわえているのが「ひまわりの種」で隣にあるのがヒマワリの花で実をつけたところです。カワラヒワの周りのある実は青いベニシタンの実です。秋になると赤くなって野鳥を呼びます。

カワラヒワ

この写真はカワラヒワがひまわりの種をつまんでいるところです。カワラヒワはヒマワリの葉柄に立って精一杯に体を伸ばして種をつまんでいます。
ヒマワリが頭を垂れて「食べて下さい。」と言っているようにも見えます。

熟したヒマワリの種を食べるカワラヒワ(2017.09.06)

熟したヒマワリの種を餌台においたのですが野鳥が食べる気配がないので餌台の下の地面にまとめて置いておいたらカワラヒワが食べに来ました。
シジュウカラも近くの木で飛び回っていました。
バードフィーダ(餌台)を一つ増やしてヒマワリだけを置いておいたらカワラヒワ、シジュウカラが呼べそうです。

熟したヒマワリの種を食べるカワラヒワ

 

カワラヒワと一緒に庭に来ているシジュウカラ

シジュウカラ

ヒマワリの近くでヒマワリの種を食べに来たのか、シジュウカラと仲が良いのか数羽が飛び回っていました。

カワラヒワの特徴

①肌色で太めのくちばしで、翼と尾に黄色の模様がある。
②全長:14cm
③九州以北。
④林、草地、農耕地、河原などにいます。
⑤市街地では、空き地でタンポポなどの種子を食べるそうですが見たことはありません。。
⑥樹上に細い草をつづった小さなおわん形の巣をつくるそうです。
⑦黄斑が飛ぶと目立ちます。
⑧高い声でキリリリと鳴く。さえずり:ビィーンと濁った声も出す。

カワラヒワの幼鳥のページへ

カワラヒワとスズメの戦いのページへ