野鳥の水飲み場、水浴び場(バードバス)の設置場所、深さ

野鳥を呼ぶための野鳥の水飲み場、水浴び場(バードバス)を作成しました。

野鳥の水飲み場、水浴び場は排水の整備、農地の用水路の整備されて不足しているようです。なので、野鳥へ水飲み場、水浴び場所を作ることは自宅庭に野鳥を集めることができます。

スズメの幼鳥の水浴び

スズメの幼鳥が水浴びをしているところです。

野鳥が集まるための条件

1.バードバスの設置場所は次のようなところです。

➀野鳥に水飲み場、水浴び場があることが空からわかる場所

②野鳥が危険を感じた時に逃げやすい場所

③新鮮な水であること。

自作の水飲み場、水浴び場(バードバス)

野鳥の水飲み場(バードバス)

➀皿でもなんでも良いです。深さも小石で調節すれば良いので水がもれない容器を準備します。
②深さを小石で調節します。水をいれます。
③完成です。

シジュウカラは水浴びを特に好むみます。もちろん、スズメなど他の野鳥もします。シジュウカラを庭で見たい方は広めの
(注意点)
夏場は特にそうですが水を交換しないと蚊がわきます。水交換はきちんと行う必要があります。

水の高さを一定にする方法

ペットボトルを水の高さのところに穴をあけて水を満タンにしてバードバスのなかに入れておくと水の高さが穴より低くなると水が自動でペットボトルからでてくるので一定の水位を保つことができます。

水浴び場に点滴のように水を落とす方法。

水を点滴のように水浴び場に落とす工夫をすると水面が揺れたり、光反射があり野鳥に早く発見させる効果と水浴び場が新鮮に見えて野鳥が早くに訪問します。

一定間隔に水を落とす方法は魚の飼育に使うエアチューブと分岐を購入して作るのが簡単です。両方購入しても300円あればお釣りが来ます。

水浴び場に点滴のように水が落ちている様子

緑色が「分岐」で水の量を調節します。青い石はエアストーンであってもなくても良いものです。エアチューブ、分岐、エアストーンがセットで210円でした。水滴の下にバードバスがあれば完了です。きちんとセットしていないのでエアチューブは長いし、ペットボトルは傾いています。
本来は水槽中に空気を送り込んで水泡を出すものです。ペットショップの魚のコーナにあります。

水が流れるバードバス(ソーラポンプ利用)

自然の中では水が雨でたまった時、川の緩やかな水の流れがある川縁などが野鳥の水のみ場になっています。水が静かに流れるバードバスを作って見ました。これも新鮮な水に見えます。

水が流れるバードバス(ソーラポンプ利用)

ソーラポンプを購入(1380円)高く上がる噴水は不要なので一番安価なものを利用しました。水深は最低でも6cmが必要なのでプラ船の一番小さなものを利用して上げ底してポンプを設置です。
太陽光で動作するので電気代は不要、薄く曇りの日でもチョロチョロは水がでます。
野鳥も水が少し動いていたほうが新鮮な水と思うはずです。

でも、同じ水が循環しているだけなので・・。また、水交換をしないとボウフラが沸きます。

自作のバードバス(水が新鮮、流れる水、ボウフラ対策あり)

水が新鮮で静かに流れるバードバスを作成しました。ボウフラ対策も考慮しました。あとは野鳥が水浴びをしてくれるのを待ちます。
羽があったので、すでに水浴びをしてるのかもしれません。水飲みはしてます。

水が流れるバードバス(ソーラポンプ利用)

キジバト君は水を飲んでましたが写真をとろうとしたら反対を向いてしまいました。

野鳥が集まる新鮮で流れる水のバードバスへ!

冬場のバードバス

冬場のバードバスは朝方に凍っています。なので、出来ればその上からでも水を入れてあげると良いようです。
そのままでは水も飲めません。

氷の上で困ったなのスズメ

氷の上で困ったなのスズメです。

キジバト

キジバトも困ったなです。