野鳥の恵み

野鳥は心を癒やしてくれます。
それだけでなく野鳥が好きな樹木をバードフィーダ(餌台)下にたくさん置いて行きます。春になってバードフィーダ(餌台)の下から野鳥が食べた樹木の芽が出てきます。いろいろ出てくるので育ててみたら良いと思います。
難点は発芽した状態では何の木かわからないことです。次のような樹木が発芽するそうです。
ヤツデ、ミズキ、マンリョウ、シュロ、ネズミモチ、アオキ、ヤマザクラ、アケビ、イロハモミジ、サンショウ、ヤマブドウなどです。

我が家への野鳥の恵みを紹介します

アケビ

アケビ

アケビの実は秋になると、つるに小さいバナナのような形をして2~3個づつ垂れ下がります。成熟すると割れて半透明のゼリー状の果実があります。
ゼリー状の果実はヒヨドリやメジロが食べます。
人間もスパーで売られているように食べられます。我が家では外の皮部分を味噌いためで食べるので野鳥と共存できます。

ヤツデ

ヤツデ

常緑で1.5mくらいで大きな葉を広げているので中がみえません。アオジとかが隣家のヤツデの中から出てきて我が家の庭にきます。また、春先に黒い実がありヒヨドリが食べているのを見ます。日陰のところに我が家も植えました。たくさん出てくるので抜くのも大変です。

ヒマワリ

ヒマワリ

バードフィーダからこぼれた種からの発芽です。シジュウガラの好きな餌です。野鳥の餌のヒマワリから発芽するならヒマワリの種を園芸店で購入する必要はないかもです。

たぶんですがグミ

たぶんグミ

 

南天、万両があります。

樹木では花が咲いたり、実がなったりするまで期間がかかりますが楽しみもあります。また、何の木か直ぐにに分からないので気長になるかもです。