野鳥の写真

身近にいる野鳥の写真を紹介します。

ジョウビタキ

家庭菜園で発見

雌は翼に白い斑があります。雄は胸から腹が橙色でとても綺麗です。
全長15cmでスズメより少しおきいです。
林の周辺、河川敷、市街地の空き地など、やや開けた環境を好み、1羽でいます。警戒心は強くないようでカメラをもって近づいてもあまり逃げません。

ジョウビタキ

スズメくらいの大きさで警戒心はあまりない野鳥です。写真をとっても遠くまで逃げないです。食べるのはムラサキシキブなどの実や虫、昆虫のようで益鳥です。オスはオレンジ色で綺麗です。
庭でも時々見ますがバードフィーダには来ません。(2017.01.17撮影)

バードフィーダに来たジョウビタキ

バードフィーダに来たジョウビタキ

ジョウビタキが餌台に来ました。たまたま留まっただけかもしれませんが小鳥が留まるといい感じです。(2017.03.26撮影)

アオジ

アオジは胸から腹が黄色のまだら模様で全長16cmの野鳥です。山地で繁殖、秋冬は低地のやぶに移動します。秋から春に見かけます。
バードフィーダに上がって餌はたべないようで落ちているパンなどを食べます。気配を感じると直ぐ近くにある広葉樹の中に入って見えなくなります。

水浴びをしているアオジ

桜

アオジの水浴びをしている様子です。アオジはバードフィーダに上がって餌はたべないようで落ちているパンなどを食べます。この日は3月中旬なのに真冬のような雨の降っている日です。写真はピントが合いませんでした。
バードバスは使わずに地面の水たまりで水浴びをしています。ピントがあっていませんが珍しいので公開しました。
(2017.03.15撮影)

地面で餌を探しているアオジ

アオジ

アオジは広葉樹の中にいて時々出てきて庭にバードフィーダから落ちた餌を食べているようです。(2017.03.17撮影)

アオジが警戒を始めた顔

アオジ

何かの気配を感じた時のアオジの顔のようです。この後は直ぐに木の中へ入って見えなくなりました。(2017.03.17撮影)

スズメ

スズメは人家付近でのみ見られる鳥ですが警戒心がとても強い野鳥です。庭にスズメがくれば他の野鳥もくるようになると言われています。
ほおに黒い斑がありますが幼鳥ではうすいです。全長は14.5cmです。

スズメ

ようやくスズメが庭で見られるようになりましたがバードフィーダには、まだ来ません。気配を感じるとすぐに逃げるので撮影もなかなか難しいです。
警戒心が強い身近にいる野鳥です。(2017.03.19撮影)

シジュウカラ

シジュウカラ

シジュウカラが庭にきました。3月上旬に野鳥の餌台を作ったりでしたが初めて庭に来ました。餌台を賑わしてくれるようになると嬉しいのですが・・。
ヒマワリの種をおいて待ってます。(2017.03.26撮影)

シジュウカラ

(2017.04.18撮影)

シジュウカラを庭に呼んで見よう!へ

セグロセキレイ

セグロセキレイ

セグロセキレイは公園や家庭菜園などで見られたり東京都内の町中でもみますが庭にくることはほとんどありません。小さな近くの池で水を飲んでいるところを撮影しました。とても似た野鳥にハクセキレイがいます。
セグロセキレイとハクセキレイの見分け方は目より下の部分が黒いか?白いか?で見分けます。黒ければセグロセキレイ、白ければハクセキレイです。
(2017.03.30撮影、2017.04.05野鳥名の訂正)

セグロセキレイ

(2017.04.18撮影)

カワラヒワ

カワラヒワ

 

野鳥用の小粒ヒマワリの種から咲いたヒマワリの種をカワラヒワが食べに来ました。ヒマワリが大好物のようです。
バードフィーダにヒマワリの種をおいてもスズメが食べてしまうので餌台で見たことはありません。ヒマワリを庭で育てたほうが カワラヒワを庭に呼べると思います。大粒のヒマワリの種を餌台におけばスズメは食べにくいのでカワラヒワが呼べるかもしれないです。(2017.07.19)

モズ

モズ

家庭菜園でモズを発見です。高い支柱の上から獲物がいないかと監視しているところのようです。モズはスズメと大きさはかわりませんませんが猛禽類です。
近くで撮影したかったですが逃げるし、望遠レンズはもってきていないしでかなり遠いところの撮影です。(2017.04.14撮影)

ヒヨドリ

ヒヨドリはピーヨまたはキーヨと甲高く鳴いて、うるさい鳥です。全長27cmあり餌台を占有して小さな野鳥が近づけなくなります。ミカンやジュースが好きで占有して食べてしまいます。

オレンジジュースを飲むヒヨドリ

オレンジジュースを飲むヒヨドリ

ヒヨドリはミカン、カキ、リンゴ、パンなど大好きです。ただ、独り占めして小鳥を追い払うので嫌われます。また、家庭菜園でもブロッコリー、小松菜などの葉を食べるので害鳥扱いされています。昔はたくさんの虫を捕って食べるので益鳥扱いでしたが・・・。(2017.03.15撮影)

木陰に隠れているつもりのヒヨドリ

木陰に隠れているつもりのヒヨドリ

餌台を体を隠して見ているつもりのようです。ヒヨドリは体も大きく写真撮影はしやすいです。ヒヨドリは体調27.5cmくらいです。(2017.03.17撮影)

羽を整えるヒヨドリ

ヒヨドリが羽を整えているところ

餌台を見ているのかと思ったら自分の羽をクチバシでつくろい初めました。かゆいのかもしれないです。バードバスを使ってくれればと思いますが・・。
それと、留まり木の箇所は同じところを利用しますね。
(2017.03.19撮影)

ヒヨドリが飛び立つところです。

ヒヨドリが飛び立つところ

ヒヨドリが餌台で気配を感じて木陰に入っているところから飛び立つところを写真にとりました。(2017.03.24撮影)

 

キジバト

キジバト

人が近づいてもあまり逃げません。撮影しやすいです。
特徴は翼や背に茶色のうろこ模様、首にしま模様です。大っきい野鳥で全長33cmあります。
2羽でみることが多くて夫婦だと思います。餌台に来てその様子を紹介しているサイトもありますがかなり大きな餌台です。我が家の餌台では無理なようです。(2017.03.17撮影)

キジバトの写真へ!

キジ

キジ

キジの雄は精悍な顔つきですが雌は写真のように地味です。写真は幼鳥かもしれないです。5羽くらいいたのですが近づくと連なって笹だけの中に歩いて行ってしまいました。庭には来ないと思います。(2017.03.30撮影)

ツバメ

ツバメの幼鳥

巣立ちして間もないツバメの幼鳥です。親鳥か来ると一斉に口を開けてウルサク餌を要求します。(2017.05.30撮影)

ツバメの幼鳥が電線で餌を親鳥に要求している様子へ