ホームページビルダで公開先のページが見えない

ホームページビルダ21SPで更新したページを「公開先」を開くで見ようとしてもブラウザに表示されない事象があります。規定のブラウザを変更することで解消しました。

公開先のページが見えない事象

1.ホームページのページ追加/修正が完了すると「サイト公開」ボタンを押します。

ホームページビルダのサイト公開1

 

2.「サイト公開」ボタンを押すと下記のダイヤログが表示されるので「サイト公開」ボタンを押します。

ホームページビルダのサイト公開2

3.ホームページのサーバへの転送が完了すると「公開サイトを開く」かどうかの問い合わせがあり「公開先を開く」を選択します。

ホームページビルダのサイト公開3

でも、公開先は開かないでブラウザは白紙の状態です。しかも、ブラウザは閉じることもできない状態です。


暫定対処方法

①強制的にブラウザは閉じます。「CTLボタン + ALTボタン + DELETEボタン」でタスクマネージャを起動してブラウザを停止します。

②ブラウザを単独で起動してホームページを確認します。

私の対処方法

Windows10の規定のブラウザはMicrosoft Edge(マイクロソフト エイジ)になっています。これを変更するとホームページが見えるようになりました。

ちなみに、「Google Chrome」にしました。


ブラウザはたくさん種類があります。Windows10には Internet Explorer 11が付属しています。「ブラウザ フリー」で検索すればたくさんでてきるので主要なブラウザはホームページを作成している方はインストールしておいて見えかたを確認したほうが良いです。ブラウザによって見え方が違う時があります。


今後の扱い

Windows10、Microsoft Edgeとホームページビルダの連携がうまくいかない事象のようですがホームページビルダはUPDATE通知が、Windows10は強制的にUPDATEになるので更新モジュールをインストールすると解消されるかもしれません。何度か更新モジュールがあったら元に戻します。

 

2016.12.16記録