グリーンピースの栽培記録

グリーンピースは、エンドウの中で実取り用で栄養価が高くて豆ごはん、八宝菜などに利用されます。栽培方法は絹さやえんどうと大きく変わりませんが難しいです。収穫までの期間が長いことが影響している思います。秋の10月中旬から11月中旬に種を蒔いて春6月に収穫します。

グリーンピースの育て方は絹さやエンドウとほとんど同じですがグリーンピースのほうが難しいです。収穫までの期間が長いのが病気・害虫との遭遇が多いからだと思います。違うところは鳥(カラス)による収穫近くになっての被害が多いので対策が必要といったところです。

2016.10.19 グリーンピースの種まき

絹さやえんどう絹さやえんどう

グリーンピースの種蒔きをしました。

畝は5日前に草木堆肥、もみ殻を加えて作っています。
株間は30cmで1箇所3粒にしています。DAISO100均で購入した種で30粒くらい入っていて10粒くらい余ったので畝の端に2cm間隔くらいに蒔いてあります。発芽の予備です。
種の色は青い色でした。

2016.10.26 グリーンピースの発芽

グリーンピースの発芽

グリーンピースが発芽しました。

種蒔きから発芽まで7日です。予定のとおり時期です。

1箇所2本にするのですが、もう少し大きくなって本葉が見えたら間引きます。

 

2016.11.01 グリーンピースの本葉

グリーンピースの本葉

グリーンピースが本葉がでています。絹さやエンドウの本葉もでており、見分けがつきません。

 

2016.11.27 グリーンピースの蔓

グリーンピースの蔓

グリーンピースが蔓がでています。ネットとかで伸ばしたくなるのですがそのままします。

春になってからネットを張って上に伸ばすようにします。

 

2016.11.28 グリーンピースの霜よけ

グリーンピースの霜よけ

グリーンピースの冬の寒さ対策で霜よけ対策をしました。霜よけ対策はグリーンピースの北側に太陽があたらなくならないでように笹竹を立てて行っています。寒い北風も和らげる効果があります。時期的には霜がふる前に行います。
笹竹の葉は北風などで落ちるので葉がなくなってしまうようなら補充します。落ちた笹竹の葉はそのままでOKです。菜園を耕す時に土と一緒に混ぜてしまえば有機質肥料になります。

2016.12.16 グリーンピースの茎の様子

グリーンピースの茎の様子

グリーンピースの茎の様子です。1粒の種で1本なので心配になりますが春になると脇目がでて来て伸びます。

見た目は心配ですが大丈夫です。

風でくるくるゆれないように冬に風の強い地域は防風対策が必要です。

 

 

2016.01.06 グリーンピースにネット、霜よけ

絹さやえんどうのネット、霜よけ

リーンピースの除草を行い、蔓が伸びるためのネットをしました。時期的にはまだまだ先でもOKです。また、植えてある場所の北側に春から夏に栽培した野菜の乾いた残滓をおいて土を上からかけておきました。
北側を高くすることにより風よけ、霜よけの効果が期待できます。
絹さやえんどうにも同じことをしています。

2016.01.11 グリーンピースの霜よけ(参考)

グリーンピースの霜よけ

稲藁をグリーンピースの北側に2つおって立てるように行います。稲藁を立てるようにするには藁を半分に折ってUピンで固定しています。
また、黒マルチをして保温・除草の対策をしています。
(菜園オーナの栽培の様子)

2016.01.22 グリーンピースの霜あたり

グリーンピースの霜あたり

グリーンピースが寒さ、霜にあたって蔓の何本かがしおれたり、枯れたりしています。寒波は過ぎたとのことだが心配になってくる。残った蔓が春に元気に伸びてくれれば良いのですが・・。
霜あたりの症状は最初はしおれたようになり、元気になりを繰り返して茶色になって蔓が枯れます。株全体はまだ枯れていないです。
霜よけの笹だけを補充します。

2016.02.03 グリーンピースが伸びて来た。

グリーンピースの蔓

グリーンピースの蔓がネット紐や笹だけに絡まって伸びてきました。寒暖差が大きい時期ですがだんだん暖かくなってるということです。

でも、あまり伸びても寒い日がまだくるので気がかりです。

2016.03.22 グリーンピースの花

グリーンピースの花

グリーンピースの花が咲きました。絹さやえんどうの花とそっくりです。

 

2016.05.02 グリーンピースの実

グリーンピースの実

グリーンピースの莢が丸々と太ってました。でも、収穫はまだ先になります。もう一回り大きくなって莢に皺が入ってきたら収穫です。