蔓ありインゲン(ケンタッキー)の栽培記録

つるありインゲンの種袋

栽培した品種は「ケンタッキー」です。

ケンタッキーワンダーと同じかどうかは不明です。

12mlの内容量で20粒くらいの種が入っています。
種の大きさはインゲンの種類で大きく差異はないので1mlで2粒と知っておくと良いです。 DAISOで種を購入しています。

<種袋からの情報>
発芽適温:20度
株間:30cm発芽までの日数:7~10日
種まき時期:3月下旬から7月下旬
収穫時期:6月下旬から11月中旬

★インゲンは連作は1-2年をあけないと連作障害がでるので蒔いた場所は記憶しておくことが必要です。

2016.05.09 蔓ありインゲンの種まき

つるありインゲンの種蒔き

種まきをしました。

インゲンの種まき時期は3月下旬から7月下旬で発芽適温は20度です。なので桜が咲く頃から種まき適宜になります。

卵殻石灰を蒔いて土と混ぜて畝を作りました。堆肥などは混ぜていません。

畝幅60cmで周りに発酵鶏糞をやってあります。なので種を蒔いた箇所から25cmくらいのところに発酵鶏糞があることになります。

支柱は台風シーズンを乗り切る必要があるので頑丈に作って、そこに種まきをしています。

種まきは黒ポットに蒔いて育苗してから畑に植えても良いです。支柱も発芽してから立ててもOKです。

2016.05.14 蔓ありインゲンの発芽まじか

つるなしインゲンの発芽まじか

蔓ありインゲンの発芽がまじかです。

発芽する箇所の地面にひび割れがでています。もうじき発芽になります。

それにしてもカチンコチンの畑です。昨年からもみ殻を植え付け毎のタイミングで行っているのですが・・・。

2016.05.16 蔓ありインゲンの発芽

つるなしインゲンの発芽

蔓ありインゲンの発芽しました。

発芽で種の薄い皮のようなものがついてでて来たらそれは取ってあげて下さい。(できれば)
薄い皮によって子葉が開かない場合があります。大概は大丈夫ですが・・。

2016.05.24 蔓ありインゲンの本葉

蔓ありインゲンの本葉

蔓ありインゲンの様子です。もうじき、蔓がでて支柱にまきつき始めます。

蔓は右巻きで伸びていきます。

 

2016.05.31 蔓ありインゲンの蔓がのび始めました。

蔓ありインゲンの蔓がのび始めた

蔓ありインゲンの蔓がのび始めて支柱にからまって行く時期になりました。

 

2016.06.12 蔓ありインゲンの蔓が支柱を超えました。

蔓ありインゲンの蔓が支柱を超え

蔓ありインゲンの蔓が支柱を超えました。

蔓ありインゲンは整枝とかは特に必要ないですが支柱を蔓が超えたら摘心して側枝をのばすようにします。

 

側枝が支柱を超えたら摘心します。

支柱の長さは背が届く範囲でなるべく長いほうが良いです。

 

2016.06.23 蔓ありインゲンの葉がいっぱいで花も咲き始めた。

つるありインゲン

蔓ありインゲンの蔓が支柱を超えて摘心したところ葉がたくさんでて節から蔓もたくさんでています。

支柱に胡瓜用のネットをかければよかったです。蔓が絡む場所がなくて下にたれて来ます。

一か所に2本くらいに間引く必要があったのですが・・・してない。

 

2016.06.29 蔓ありインゲンの下葉が枯れて上も枯れ始めている。

つるありインゲン

蔓ありインゲンの下葉が枯れて上も枯れ始めている。

原因は
湿度が高く、土壌の水はけが悪い時に発生します。株元にカビがある場合は立ち枯れ病になります。

対策は
畝を高くして水はけを良くする。すでになってしまったら黄色くなった葉を取って株元の風とうしを良くして様子を見る。

小さなインゲンもできて来ているので株元をすっきりさせて収穫が少しでもできるようにしました。株元にはカビはまだ生えていませんでした。よかった。

2016.06.30 蔓ありインゲンの花と莢

蔓ありインゲンの花と莢

蔓ありインゲンの下葉が枯れて上も枯れ始めていますが元気なところは花と莢ができています。

インゲンの莢は茎に近いところからついて来て花先のほうになっていきます。1箇所で5-8本のインゲンの収穫になります。

なお、写真のインゲンの花は黄色ですが、咲き始めは白でしばらくすると黄色です。同じ花で色変化です。

2016.07.14 蔓ありインゲンの莢に穴をあけて食べてました。(メイガ)

蔓ありインゲンの莢に穴

蔓ありインゲンの莢の中に食害していました。メイガの種類と思います。

葉柄も枯れているものがあり害虫被害が出ています。収穫の最盛期なので見つけたら捕殺しています。

 

2016.07.26 蔓ありインゲンの収穫完了

蔓ありインゲンの収穫を完了しました。蔓なしインゲンの収穫が完了して半月ほどで蔓ありインゲンの収穫開始になりました。

ほぼ予定のとおりになりましたが、味ですが蔓なしインゲンのほうが美味しいとの家族の評価でした。収穫時期の太陽の強さが莢の固さと比例しているような感じで蔓ありインゲンは固かったです。

蔓ありインゲンの栽培

蔓ありインゲンの栽培で間引きをしなかったのは失敗です。葉が繁りすぎて風とうしが悪くメイガの発生や下葉が枯れるなどが多くなったような気がします。

葉が繁りすぎると収穫もとてもしにくいです。

収穫はそれなりにあったのですが間引きをすればもっと収穫ができて、収穫期間も長かったと思い反省です。