蔓なしインゲン(テンダーグリーンPB)の栽培記録

つるなしインゲンの種袋

つるなしインゲン(テンダーグリーンPB)は、

①春栽培で種まきが4月上旬~7月下旬が種まきで収穫は6月上旬から10月下旬です。
②発芽適温は25度です。
株間は30cm、条間は60cmです。
④50日で収穫ができる。
⑤収穫期間は短くいっきに収穫時期になるので種まき期間が長いので何回にわけてまけば長期間の収穫ができます。

★インゲンは連作は1-2年をあけないと連作障害がでるので蒔いた場所は記憶しておくことが必要です。

2016.04.03 つるなしインゲン(テンダーグリーンPB)の種まき

つるなしインゲンの種蒔き

種まきをしました。

①畝はニンニクとネギの隣に作っています。

でも、
ニンニク・葱とインゲンは相性が悪い組み合わせです。
■相性の悪い野菜:ニンニク、玉ねぎ、ネギ、コールラビ
■相性の良い野菜:キャベツ、人参、トウコモロコシ、胡瓜、茄子、じゃが芋なので、相性の良い野菜の近くでできれば栽培して下さい。

②肥料は堆肥、化成肥料を混ぜてあります。
③株間は30cmとるとあまり植えられないので20cmです。
④1箇所に3粒づつの種を蒔いています。
⑤覆土は2cmくらいです。種の厚さの3倍です。

<ポイント>
4月上旬の種まきでは発芽適温の25度より低いです。できれば、種を蒔いたあとに発芽までの間はビニールを上にかけておく等をしておくと良いです。できなくても発芽までの期間は長くなりますが栽培に大きな問題はないですが、収穫の開始は遅れます。

2016.04.12 つるなしインゲン(テンダーグリーンPBの発芽

つるなしインゲンの発芽

つるなしインゲン(テンダーグリーンPB)が発芽しました。インゲンの種まきから発芽までの期間は10日になります。

発芽の様子は次のようになります。

①地面にヒビ割れが現れます。
②地面が盛り上がって茎の部分が見えます。

 

つるなしインゲン発芽

②植えた種をつけたまま茎が真っ直ぐに立ち上がります。

この時に種のまわりの薄皮をとったほうが良いです。薄皮がはがれないで本葉がでられないことがあります。なので取ったほうが良いです。(園芸本より)
私はそのままで何本かはNGです。

 

つるなしインゲン

③植えた種が2つに割れて中心から新芽が伸びていきます。

この時に鳥の被害にあうことが多いです。インゲンの実を食べるのですが同時に新芽も食べられることが多いです。防鳥対策に網をかけておくと良いです。

また、インゲンは50cmくらいにはなるので短い支柱をたてておくと良いです。インゲンが大きくなる頃には支柱が安定します。

2016.04.20 つるなしインゲン(テンダーグリーンPB)の発芽揃い

つるなしインゲン

発芽が揃いました。
この時に1箇所に2本になるように間引きます。
引き抜くのでなく鋏で根本からきるようにします。残すインゲンも抜けそうになって根いたみするからです。

2016.04.25 つるなしインゲン(テンダーグリーンPB)の防鳥対策

つるなしインゲンが鳥に食べられた

本葉も大きくなり順調に成長していますが何本が葉がありません。

発芽した新芽をヒヨドリやカラスが食べられたからです。

防鳥対策ですが網を張るとかいろいろありますが確実なのは発芽が始まったら寒冷紗で覆って、本葉がそろったら寒冷紗を取るのが良いです。
私は面倒なのでしていませんが・・・。

2016.05.09 つるなしインゲン(テンダーグリーンPB)の風対策

つるなしインゲン防風対策

つるなしインゲンは背丈が50cmくらいになり5月の風に弱いです。

短い支柱を立てて結んでおくと良いです。

かなり面倒な作業なので支柱を株間にも立てて置くようしてもOKです。風が吹くとインゲンが支柱によりかかるようになって倒れません。

2016.05.14 つるなしインゲン(テンダーグリーンPB)に花

つるなしインゲンの花

花が咲き始めました。5月のうちに収穫まで行くかもしれないです。

テンダーグリーンPBの花は写真のようにピンク色です。インゲンの種類としては珍しいです。通常は白の花です。

2016.05.24 つるなしインゲン(テンダーグリーンPB)、もうじき収穫

つるなしインゲン

インゲン収穫がもうじき始まります。

 

2016.05.24 つるなしインゲン(テンダーグリーンPB)に病気

つるなしインゲンのモザイク病

インゲン収穫がもうじき始まるところなのですが、何本かのインゲンが病気です。

<症状>
インゲンの下のほう葉が黄色なる。
<調査結果>
モザイク病、原因はアブラムシによってウィルスに感染する。対策はアブラムシの飛来を防ぐようにシルバー(銀色)のシートをして栽培する。

なってしまったら、特効薬はないようでアブラムシへの殺虫剤を使うしかないようです。

私は、葉をとって自前の「安心な消毒薬」をまめにやるようにします。「安心な消毒薬」は焼酎と唐辛子で作ってます。

2016.05.26 つるなしインゲン(テンダーグリーンPB)に収穫開始

つるなしインゲン

インゲン収穫開始です。

写真は本日から収穫開始になった人参/ズッキーニです。

 

2016.05.31 つるなしインゲン(テンダーグリーンPB)に本格収穫

つるなしインゲン収穫

インゲンの本格的な収穫が始まりました。

いつまで収穫できるかです。収穫の完了の頃に蔓ありインゲンの収穫が開始になると予定のとおりですが・・・・。

 

2016.06.14 つるなしインゲン(テンダーグリーンPB)の栽培完了

つるなしインゲンの残滓

インゲンの最後の収穫しました。栽培完了です。

収穫期間は20日です。冷蔵庫の中にたくさんあるので・・・。
本日収穫分は息子のところへ行きます。

写真はインゲンの残滓ですが
インゲンは根が木の割合からすると少なく直根も短く、側根も長くないです。

なので、インゲンの栽培では
畝の深くに肥料をいれてもあまり意味がありません。肥料の吸収は側根の役割なので10cmくらいの深さで十分です。

また、直根も長くしたに伸びていません。なので、畑が乾燥したら水やりが必要です。直根が主に水を吸収する役割なのでです。

蔓なしインゲンの栽培

蔓なしインゲンは一期に収穫になるので時期をづらして種まきをお勧めします。2-3人家族なら2mの畝を50cmづつで4回に2週間づらして種まきをすれば良いです。冷蔵庫で保存できるのですが保存している間に莢が固くなります。収穫したてのインゲンを食べるのが美味しいし、家庭菜園ならではです。