トウモロコシの育て方

トウモロコシの育て方ポイントは次のとおりです。

1.トウモロコシの種まき時期/収穫時期

種まき時期は4月中旬から5月中旬、収穫時期は7月中旬から8月下旬です。
私はヤングコーンの収穫も目的なのでもっと収穫時期は早いです。

2.トウモロコシの種まき方法

①条数は2条以上

種まきは1条ではなくて2条植えにすることが栽培のポイントの1つです。
トウモロコシは風によって花粉が雌花について受粉します。1条だと受粉がしにくいの2条以上が良いそうです。

でも、家庭菜園では大量に栽培するわけではないので1条でもOKの方法があります。人口受粉をします。雄花ができたら切り取って雌花の上でパタパタとすればOKです。私は1条です。

この方法にすると害虫(アワノメイガ)対策を行うことにもなります。

株間と条間
株間は30cmです。種袋では畝幅を70cmにして2畝を作るとありすます。
野菜本では条間を45cmとあります。私は畝幅を70cm、株間は30cm、1条です。

1箇所に2粒から3粒の種蒔きです。

3.トウモロコシの間引き

発芽してから10cmくらいになったら1本に間引きます。ハサミで根本から切りとります。

4.トウモロコシの元肥

トウモロコシは「肥料食い」と言われており肥料の元肥はたくさんします。

5.トウモロコシの防鳥対策

収穫時期になると「カラス」「ハト」が来て食べられてしまいます。防鳥対策は必須です。
ミカンの赤い網袋などで「トウモロコシの実」を覆うなどで防鳥対策します。

6.トウモロコシの害虫(アワノメイガ)

アワノメイガの被害が一番多いです。雄花のときのメイガを捕獲します。この時に捕獲しないと下におりて雌花の中に入ってトウモロコシを食べられてしまいます。

7.トウモロコシの品種

①ハニ-バンタム:黄色の粒で甘味が強いです。
②シルバ-コーン:白い粒で甘味が強いです。
③ピータ-コ-ン:黄色と白い粒の混じりで甘味が強いです。
④オナメンタルポップコーン:ドライフラワーとして楽しむ、ポップコーンにもできる。

などの品種がありますが近くに異なった品種は栽培しないようにします。異なった品種で受粉が行われ思ったとおりのトウモロコシにならない場合があります。

8.トウモロコシの害虫(アワノメイガ)

トウモロコシ栽培はアワノメイガの被害が一番多いです。雄花のときのメイガを捕獲します。この時に捕獲しないと下におりて雌花の中に入ってトウモロコシを食べられてしまいます。農薬のデナポンを使った育て方もありますが家庭菜園では人口受粉して雄花は切り取ってアワノメイガを防ぎます。

9.排水を良くするために

トウモロコシの根は地中深くにしっかり入って菜園の雨水が地面に吸収されるのを助けて排水がよくなります。排水が良くない菜園の方はトウモロコシの栽培はお勧めです。

トウモロコシの栽培記録(品種:ハニーバンダム)

トウモロコシ

種まきから収穫までの栽培記録です。アワノメイガ対策は特に詳しく記録しました。

2016.04.03 種まきです。