聖護院大根とおでん大根の栽培記録

「聖護院大根」と「おでん大根」の栽培記録です。でも、栽培方法は同じなので栽培記録は同じページで紹介します。

■聖護院大根は京野菜の一種で煮物用の丸大根です。大根は球形で直径が15cmから17cmで大根の首部分も白い大根です。繊維質は少なくて甘味があって、煮崩れしない大根です。

■おでん大根は名前のとおり煮物に最適な大根です。根の長さは30cmくらいの円筒です。病害にも強く、生育旺盛で家庭菜園向きの大根です。

2016.09.01 おでん大根、聖護院大根の種まき

大根の種袋大根の種袋

聖護院大根とおでん大根の種袋からの情報は同じで次のとおりです。
発芽適温:15~30度
株間:30cm
発芽までの日数:4から7日
種蒔き時期:8月中旬から10月中旬
収穫時期 :11月上旬から2月下旬

大根の蒔き床

聖護院大根とおでん大根の種袋からの情報の種まき方法
①株間の30cmに合わせて5粒の点まきをします。
②種を深さ1cmくらいで離して種まきをします。
私の場合は葉大根として食べるので5cm間隔に5粒くらいの種まきです。
写真では1条の種まきですが3条の種まきをしています。条間は10cmくらいです。
畝幅は70cmです。卵殻石灰、堆肥、有機化成肥料を全体に混ぜています。
種まきの穴はペットボトルの底を使っています。直径6cmなので出来た円形に5粒の種を蒔きます。種の間隔、深さを均一するのに便利です。

2016.09.06 おでん大根、聖護院大根の発芽

大根の発芽大根の発芽

9/6 おでん大根、聖護院大根が発芽しました。おでん大根は右の写真、聖護院大根は左の写真です。
発芽まで5日になります。聖護院大根も同じ日に種まきをして発芽しています。でも、おでん大根の芽と聖護院大根の芽を比べてみても全く違いはわかりません。
発芽の状態をみるとおでん大根より聖護院大根のほうが1日あきらかに早かったです。
種まき場所は同じ畝にとなりあって種まきをしたので土の差異はないように思います。あまり意味のない記録かなです。

2016.09.17 おでん大根、聖護院大根の根腐れ

おでん大根、聖護院大根の根腐れ

台風、大雨が続いていました。久々の晴天です。
大根は何本かを残してほとんどが根腐れ状態です。萎れている大根を触る程度で抜けてきます。雨によって大根の根が呼吸できない状態がつづいて晴天で湯だった状態になって根腐れになったようです。
残った何本を育てます。
赤い線の左側がおでん大根、右側が聖護院大根です。根腐れの被害はおでん大根のほうが多いようです。

2016.09.28 おでん大根、聖護院大根の土寄せ

おでん大根、聖護院大根の土寄せ

台風、大雨が続いて根腐れ状態になり残った大根です。土寄せを行いました。
同じ日にうえた「おでん大根」・「聖護院大根」です。葉のみでは見分けがつかないです。
昨年はこの頃に間引きを行った大根を葉大根として収穫ですが、今年はとてもそんな状況でなく大根になるのか状態です。

2016.10.14 おでん大根、聖護院大根の追肥

おでん大根、聖護院大根の追肥

元気な大根がおでん大根、聖護院大根とも何本かあります。

よかったです。化成肥料を追肥に行いました。

2016.10.23 おでん大根、聖護院大根の間引き

おでん大根、聖護院大根の間引き

おでん大根、聖護院大根の間引きをしました。

おでん大根のほうが葉がやわらそうです。聖護院大根はちょと固そうです。

聖護院大根は形が聖護院大根らしいです。

おでん大根、聖護院大根とも4本づつ残っています。

2016.11.01 おでん大根の収穫

収穫した大根

おでん大根を収穫しました。

すらりと伸びた円筒形になるはずでしたが抜く前に思った長さの半分でした。「おでん」にはたりないので味噌汁かなです。

葉はやわらそうですが外側の葉にはアブラムシがたくさんついてました。

 

 

大根の外側の葉にアブラムシ

葉はやわらそうですが外側の葉にはアブラムシがたくさんついてました。菜園にある水道でアブラムシは落として葉も含めて持ち帰りです。

虫よけの葱は効果がないようです。

2016.11.10 聖護院大根の収穫

収穫した大根

右端のカブのような大根が聖護院大根です。

隣の間引きした大根は10/6に種まきをした聖護院大根です。

1か月遅れですが葉大根には困らなくなりました。でも、大根らしい収穫はもう少し先になりそうです。

2016.11.12 大根に茶色のひび割れ

葉が黄色くなってきた大根

大根が病気になったようです。写真左で大根が見えるほうです。左右の大根の葉を比べると左側の葉が黄色くなっています。おでん大根です。

茶色のひび割れした大根

株元をみると茶色のひび割れが起きています。大根の土との境界部分の全体に症状がでています。

 

 

 

 

大根のひび割れ

抜いてみました。写真のように大根に縦て割れができています。しかも半面だけで反対側からみると綺麗な大根です。

大根のひび割れの原因は2つの要因があるようです。

①初期の生育不良により大根が老化してひび割れが発生した。
収穫適宜からかなり遅れて収穫しても発生します。

②乾燥と湿気の繰り返しにより発生する。トマトのひび割れと同じです。

今回は①と思います。発育初期に台風でボロボロだったので。収穫を開始します。今回は食べるのを見送りました。

2016.11.14 大根がくっつく

2本がくっついて1本になった大根

大根を収穫したなかに間引きもれがあったようで2本になるはずの大根が1本になってくっついています。

間引きもきちんといけない見本です。

食べるには問題ないので食べます。

大根に青虫

大根を収穫した大根に青虫がいました。キャベツほどではないですが大根も青虫の被害にあいます。モンシロ蝶の幼虫です。

 

2016.11.16 大根の大きさ

大根の大きさ

大根を収穫していますがその大きさです。直径は7cmから8cmなので種袋に記載されているサイズより小さいです。

でも、台風を乗り切って収穫まで来たのは嬉しいです。

 

9/1種まきの大根の栽培記録は完了です。